こんなことになるはずじゃなかった

アニオタがジャニオタになりました。

川村文乃に恋をした

 

zawawa755.hatenablog.com

 これから1か月後。

ゴールデンウィークに東北の友人が都内まで出てくるとのことで遊ぶことになった。何して遊ぶというのは決まっておらず、相手もエイターなので「とりあえず泣きながら鳥貴族で飲もう」というのだけ決まっていた。それ以外どこ行くかも決まらずなんとなくネットサーフィンをしていたらあることに気が付いた。

GWアンジュルムのリリイベめっちゃやってる。

しかも友人と遊ぶ予定の4日はちょうど都内。しかし友人はアイドルといったらジャニーズ一辺倒で女子ドルなど興味がない。でもジャニーズは全般好き。

一度あると知ったら行きたくなるのがオタクの性。というか病気。

なので数枚の画像とともにあることをLINEした。

佐藤勝利の顔した女子ドルに興味ない??』

hagiotanpo.hatenadiary.jp

その数日前にこちらのブログを拝見し、佐藤勝利くんと上國料萌衣ちゃんの親和性はジャニオタお墨付きと確信していた。

なのでハロプロの顔面国宝を使って釣ることにした。今思うとサイテーだがそれほどにアンジュルムに会いたかった。ラインとともに勝利くんとかみこの画像を送ると2秒ぐらいで『めっちゃ勝利じゃん』『勝利の顔が嫌いなジャニオタいるわけないだろ』『行く』と立て続けに返事が来た。私はアンジュルムのリリイベに行く権利を勝ち取ったのだ。

そして来る5月4日、私はアンジュルムのリリイベに向かった。だが以前のブログ通り、誰を推すかは決めかねていた。

地元宮城の大スター佐々木莉佳子ちゃんは顔も抜群に好きだから推したいし、アンジュルムのボス和田彩花ちゃんの初めてLILIUMで見たときの「なんだこの美少女!!!!????」という衝撃も捨てがたい。そしてこの間ひなフェスで目の前に降り立った川村文乃ちゃんの舞い降りた美少女感は鮮明に脳裏に焼き付いていた。

先述のブログでも書いてあったが、ハロプロのとち狂った文化としてリリイベは「CD1枚で優先エリアに入れる+全員と握手ができる券」がもらえる。買わなくても5,6曲歌うライブがタダで見れてしまうんだからめっちゃ怖い。もっと女の子たちにお金払わせて。

ライブは女性優先エリアに入った。こちらは普通のエリアに比べて落ち着いててめちゃくちゃ初心者に優しい。そして私は推しが決まらないからとりあえず曲ごとにキンブレを黄色、赤、ライトパープルと変えることにした。

ちょっと待つとアンジュルムさんが出てきてあまりの近さに戦くオタク。なんたって前日は帝国劇場最後尾で近いわ~とのたまってたのだ。(すべての会場をドームと比較する女)8列目くらいなんて実質最前。

歌って踊るアンジュルムはやっぱり最強で初心者でも熱くなれた。そしてまずめっちゃ思ったことが、

(タケちゃんめっちゃかっこいい……!!!!!!!!!!!!!)

竹内朱莉さんのことはかねてから歌うまいし大好きだったのだが、髪を振り乱しながらバッキバキに舞う姿に心を鷲掴みにされた。ジャニーズでいうと安田君のダンスに似てると思う。キレがあってがむしゃらでひたすらにかっこいい。反対にりなぷ~はしなやかで力の抜き方がうまいとこが大倉くんのダンスっぽい。

そんな竹内朱莉さんにきゅんきゅんしたわけだが、そのあと私の眼は自然と一人の女の子を見ていた。

川村文乃ちゃんだ。

新曲の黒と蛍光イエローの衣装に身を包んだ彼女はピンクいお肌がいっそう引き立てられ、足がぐんと長く見えて以前に増してかわいかった。そんなスタイル抜群の彼女がポニーテールをばさばさと揺らしながら歌って踊ってる姿や表情、そのひとつひとつが本当に楽しそうで、なんだか目がいってしまうのだ。

アップテンポな曲ではキレキレのダンスをして、静かな曲では一言一言確かめるように歌って、どの曲でも自分でないところも口が動いていた。

アイドルでいることを確かめるように、その幸せをかみしめるようにも見えた。

そんな彼女を見ていたら変えようと思っていたキンブレはいつしかライトパープルで止まっていた。

 ライブが終わり、超高速握手会が始まった。ちなみに友人は『推しが武道館に行ってくれたら死ぬ』という漫画を読んで予習したそうで、かみこ一人と握手する気だったらしく「全員とだよ」と言ったらめちゃくちゃ動揺してた。

ファミリーたちのゆったりした時間のあと、ただのオタクは無情にも高速に裁かれる。あの超高速具合はやばい。一人賞味1秒半くらいしか時間がない。

あやちょに「かっこよかったです!」と言ったら「わー!」と返されたのを皮切りにあとはどんどん「かわいいです」しか言えなかった。あとりかこには「私も宮城です」とは言った。ちなみに喋ればレスなど聞く時間はない。かみこだけ「うれしいよ!」と言ってくれた。おそらくかわいいなんて529753209702937回くらい言われてると思うんだけど私なんかのかわいいで喜んでくれるとか本当かみこは天使か何かだと思う。

期順に並んでいたので川村文乃ちゃんは最後だった。私はかわむーにどうしても伝えたいことがあった。

「ポニーテールかわいいです」

振り絞ったのはその言葉。今回の新曲のPVでのかわむーのポニテが本当にかわいくて、どうしてもそれを伝えたかった。

かわむーは伝えると「ほんとー?えへへー」と笑って体を少し傾けてポニーテールを揺らして見せてくれた。最後で少しだけ余裕はあるといえ、短い時間で私に話しかけ、動きまでつけてくれたのだ。

 

えっ……好き

 

終わった後の私の頭はそれだけが占めていた。こんなん好きになるにきまってる。圧倒的に好き。完全に好き。

家から帰ってから毎日川村文乃ちゃんについて調べた。

かわむーは元アイドルのアイドル。というかいわゆるロコドルで、アイドル歴だけでいったらアンジュルムのリーダーのあやちょとどっこいどっこいだ。でもロコドルをやめ、そこからハロプロ研修生となった。それから研修生発表会では気迫のある歌とダンスを披露するも、デビューへの登竜門の最優秀賞ことベストパフォーマンスを逃した。だがそこから去年の6月、アンジュルムへの加入が発表された。

この研修生発表会の映像をちらっと見たのだが、おとなしそうなお顔と服装からは想像できないくらい鬼気迫る『夢幻クライマックス』は数秒だけの動画だったのに鳥肌がたつほどだった。でも、その年のベストパフォーマンス賞の段原瑠々ちゃん(現Juice=Juice)はその上をいっていた。彼女は研修生活四年だ。絶対にデビューしてやるという気迫があった。そしてその気迫とパフォーマンスが勝った。

こんなことを調べたり見てるだけなのに私はなぜか涙がでてきた。長い間アイドルをやってきて一回挫折しそうにもなって、それらを踏まえて川村文乃という10代の女の子はあんなにもアイドルでいることを幸せそうに歌うのかと。リリイベで見た歌う姿は本当に幸せそうだった。

さらに調べてるうちにこんなブログも回ってきた。

sayurumoon.hatenablog.com

これを読んでまたボロボロ泣いた。この子はどれだけえらいのだろう、こんな子が報われなきゃいけないんじゃないだろうか。この子が大きなステージに立つ姿を、私は見たくなってしまった。

私の心は決まった。

 

もうね、推します。

アンジュルム、川村文乃推します。

 

正直風男塾のことがあってから女子ドルに決まった推し作るのは怖いし、なんならハロプロで一番最初に好きと思ったのは鞘師(卒業後)だったわけで。でもね、私はこの子が報われる姿を見たくなってしまった。この子をもっともっと知りたくなってしまった。

もう負けです。惚れたほうが負けなんだよオタクとアイドルっていうのはよ!!!!!!!!!!!!!!いいよ負けるよ!!!!!!!!!!

 

さて、ちなみにそんな私を惚れさせたアイドル川村文乃ちゃんの所属するアンジュルムの新曲がこちら


アンジュルム『泣けないぜ・・・共感詐欺』(ANGERME[I Can't Cry… The Fraud of Empathy])(Promotion Edit)


アンジュルム『Uraha=Lover』(ANGERME[Uraha=Lover])(Promotion Edit)


アンジュルム『君だけじゃないさ...friends(2018アコースティックVer.)』(ANGERME[It's not just you…friends])(Promotion Edit)

 

Uraha=Loverが私がかわいいですと伝えたポニーテールのかわむーが拝めるから要チェックだ!!!

 

そしてそんなアンジュルムさんの武道館公演、かわむーにとっては初めての武道館公演が5/28にある。しかも本日まで前売りチケットが発売してる。

私は行けないのだけれど行って損はないとかわむーが言ってたので都合のつく方はぜひ5月28日日本武道館よろしくお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:zawawa755:20180525160526j:plain

f:id:zawawa755:20180525160538j:plain

(見て、私の推し、かわいくない?????????????)