こんなことになるはずじゃなかった

アニオタがジャニオタになりました。

安田章大くんはかっこいい

初の札幌ドームに行った感想を絶対書くぞ!と心に決めて気づいたら9月も終わりそう。え?月日ってこんな早くたつ?もうちょっと私と歩幅合わせてくんない?と思うけど月日もそんなこと言われても困るよねわかる。

初日の感想書くつもりだったのに、まだ追加公演があるから厳密には終わっていないけどGR8ESTツアーもいったん区切りがついてしまった。

今回チケット倍率やべえ~~と喚きながら結局入ったのは4公演。札幌名古屋と東京2回。

それらを見て自分の中で消化した今の状態の感想はたったひとつなわけですよ。

 

自担がかっこいい。

 

すごいずっとかっこいいと思って見てたけどこんなかっこいい!?と思うくらいに今回のツアーは自担こと私のオムファタル・安田章大くんがかっこよかった。

 

ツアー前の安田章大の体調に関するお知らせ。

文面だけで死ぬかと思った。

その前に安田くんが怪我とか重病説とかがネットでまことしやかにというわけでもなくかなりの音量で騒がれていたのを知っていたし、でも本人の口から聞くまでそれを真実と思いたくなかった。

会社の飲み会の帰りの電車でそのお知らせがきて、待ちきれなくてイヤホンをして動画を見た。

 

あのね、皆さんにおすすめしたい。

事務所からいきなりきた動画は電車で見ちゃダメ。

 

一気に急にスマホ見ながら泣き出す不信な女になるからね。私はなった。安田くんからの言葉を聞きながら、あの時そんなに頑張ってくれてたの?、なんで安田くんなの、私が安田くんの人体を生成する細胞なら絶対に病気になんてならないのに、いろんなことを思いがこみあげて、電車の中とか忘れてボロボロ泣いていた。

 

そのあと医療関係のフォロワーさんがいっぱい安田くんの病気の解説をしてくれたけど、みんな最悪の場合を含むようなネガティブな話が多くて、なんで大丈夫って言ってくれないんだろうとか思ったし普通にそれを思ってむかついたりもした。

 

行くと決めた札幌ドームがめちゃくちゃ怖かった。

 

でもその気持ちが変わったのはラジオやジャニーズウェブで大倉くんと錦戸くんが「安田が無理したら俺がステージから抱えて降ろす」と繰り返し言ってくれたこと。

「あ、確かにあの二人なら止めてくれそう」と納得したら、安田くんが無理しないでステージにいてくれるなら私は楽しもうと思えた。

 

それから迎えた初日。札幌ドーム。

こんなに泣くことってある!?っていうくらい泣いた。あまりにも耐えられなくて一緒に入った大倉担と何度も手を握り合った。

 

私が泣いた理由は主に二つ。

一つはやっぱりセンターに彼がいなかったこと。最初にスポットライトに照らされた私の記憶よりぎゅっとなった6人のバンドセットを見たときそれだけで涙が溢れた。彼のパートは違う人が歌うっていうのを頭で理解できているのに、パートが来るたびに身構えて、ほかのメンバーが歌うのを聞いてまた泣いた。

 

もう一つは関ジャニ∞がかっこよかったこと。

何か吹っ切って引っ張ることを決めた亮ちゃんと大倉君も、あえていつも通りやる村上君横山さんも、めちゃくちゃ楽しませようと縦横無尽に走る丸山君もみんなみんなかっこよかった。

 

でもやっぱり私の目に一番かっこよく映ったのは安田くん。

 

安田くんはいつも通りにすら映った。

ライブの時の安田くんはいろんな顔を見せてくれる。

バンドの時はギターを弾く仕草、音を感じてる表情、私たちを挑発してくる仕草どれとっても本当にかっこよくて心がガッと掴まれる。

ダンス曲はかっこいいときはひたすらエロくて、かわいいときは「なるほど~これがこの世に降臨した天使か」と思うくらいかわいい。今回もそうだった。表情がくるくる変わって見ているだけで引き込まれる。

それが全部いつも通り。

 

腰にコルセットを巻いて大好きなダンスのステップも踏めず、走ったり飛んだりもまだできなくて、それでも安田くんはいつも通り笑っていた。

 

お知らせを見たとき、心配したファンが言っていた。

「ヤスくん無理しないで、休んで」

行きのバスで心無いファンが言っていた。

「安田病気ならステージの上にベッド持ってくればいいのに」

 

そう言われても彼はいつも通りの顔して3時間のステージをのりきった。

痛みなんて一切感じさせずに、無理なんて全然思わせずに、キラキラ輝いていた。MCこそいなかったが、それでもユニット以外で不参加の曲なんて1曲もなかった。

 

そこで感じたのは安田章大という人のアイドルでいることへの執念と矜持。

 

よく考えたらこんなボロボロの状態でステージに立ったアイドルなんていまだかつていなかったんじゃないだろうか。でも彼の譲れないプライドが彼をステージまで引っ張り出した。

その姿がかっこよくて誇らしくて私はかっこよすぎてまた泣いてた。

 

それから日があいた東京公演ではかなり体を動かせるようになっていてめっちゃ嬉しかった。

前よりもダンスで体が動いていたしお辞儀もできるようになっていた。

この人つい2か月もしない前はお辞儀もできなかったなんて誰が思うだろうか?その前のMステの映像も元気な安田くんが嬉しくて何回も見た。

 

体がだいぶよくなったのは本人も言っていて東京6日の時に「もう大丈夫です心配かけてごめんなさい。心配してくれてありがとう」と言っていた。この言葉がどれだけ聞きたかったか。

でもそのあと「心配してくれなくていいん?」と聞かれて「それはちょっとさみしいねんけど」と答えてたのがアイドルとして500000000000000000000000000000点の回答だった。

最高。好き。シンプルに好き。

 

9日は初めて自担の誕生日を祝う場所にいることができた。

生まれてくれたこと、アイドルを選んでくれたこと、今この場所にいてくれること、私がここにいることすべてが嬉しくてこの日もボロボロ泣いていた。あのモニターに映った幸せそうな安田くんの顔、私は一生覚えてる。

なんならあの顔私の棺桶の内側に貼っておいてほしい。

 

結局札幌以外でもふとすばるくんを思い出しては泣いて、安田くんが眼鏡を取っては泣いて、どの曲でもかっこよすぎることに泣いて、めっちゃ泣いた4公演だけどすごい楽しかった。追加公演も行きたい気もするんだけど、私のGR8ESTは安田くんの誕生日で終わったという余韻でもいたい気もする。

そう思えるくらいにあたたかくてかっこよくて楽しいツアーだった。

 

しかもさ、ツアー終わった~安田・最高にかっこいい・章大さんに次会えるが一年後か~と思ってたのに年明けに舞台が決まってまじどんだけかっこいいの!?!?!?

これまたあの最高の舞台だった俺節を見た古田新太さんがオファーしてくれたというのが嬉しい。安田君が手術後、命を削ってやった舞台が次につながってくれた。

 

チケットの倍率えぐそうだけどまあ絶対とると信じてるので絶対とるんですけど。

 

それにしても病気怪我からの復帰後一番体に負担がかかりそうな舞台をやるって本当私の自担どんだけかっこいいの…?かっこよすぎない?かっこよすぎてそろそろ賞とか取らない…?

 

正直2018年がしんどすぎて2018年地雷です女になりそうだった。まあ今でもしんどい。私とタッキーの話も今度したいんだけど。

その中で一番よかったことが安田くんをもっと好きになれたことだと思う。

自分でもびっくりした!今までも気持ち悪いくらい好きだったけどまだ好きが増すことがあるのって。

でもまた好きになった。好きがランクアップした。

じゃあお前は安田くんが病気とか怪我しなかったらその境地になってないの?って話なんだけどわかんない。

安田くんが病気とか怪我とかひっくるめて自分の人生と思っているように私も病気とか怪我した事実ひっくるめて安田くんが好きだから。

 

とにかくね!!こんな長ったらしく書いてね!!何が言いたいかっていうとね!!!!

安田章大君がかっこいいって話!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

(早くGR8EST円盤でないかな…できたら福岡+台湾+追加公演で…)