読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなことになるはずじゃなかった

アニオタがジャニオタになりました。

私は化粧が好きになった女です。

 私はもともと化粧するという行為が嫌いでした。

 私の母は幼いころの記憶を掘り返すといつだって綺麗に化粧をしています。化粧品屋に勤め、結婚後は父が経営する居酒屋で女将として店の顔をし、離婚後は生命保険で営業として働いていた母にとって化粧するのは毎日の生活の一部だったのでしょう。思い出の中の母は真っ白な顔にきりっとした眉毛、そして真っ赤な口紅を引いていました。

 そしてそんな母を見て育った姉も高校生の時からずっと化粧をしています。最初こそアヴリル・ラヴィーンにあこがれて目の周り真っ黒のパンダメイクをしていましたが、コスプレという趣味を見つけてからは様々な技術を会得していわゆる整形メイクと言われるくらいの化粧をします。

 そんな二人に囲まれて育った私ですが、反対に全然化粧というものに興味はありませんでした。高校生になると母にも姉にもそれとなく薦められましたが、それらをかたくなに断っていました。理由はいくつかありました。

 まず第一に暴飲暴食をしても荒れない強靭な肌を持つ私には化粧をする必要性を感じなかったこと。

 そして化粧品一つ一つのコストが高いから近づきたくなかったこと。

 さらに極めつけは初めて化粧をした時が苦痛だったこと。

 私が初めて化粧をしたのは文化祭のコスプレでした。

 私はイラスト部に所属していて、その部では文化祭でコスプレをするのが伝統で、まあみんながすっぴんでコスプレをする中「すっぴんでコスプレは許さん」と姉が言い出したために家でフルメイクをしてもらってから学校に行きました。それが厚塗りしたファンデーションは崩れるし、アイラインはとれてパンダになるし、つけまつげは重いし、一人だけ顔が派手なのが恥ずかしいしでしんどくて。その時あまりにも一日で疲れて、これが大人になると毎日続くのかと思うと嫌になりました。

 だからたまにするコスプレ以外では極力化粧を避けました。すると姉や母は強制することもなくて「しないの?あらそう」くらいのノリで。まあ肌綺麗だしね、やらないならそれでいいよね、みたいな。今思うとそれくらいの感じだったから心底嫌いにならなかったのかなあと思います。

 それでも必要を感じたのが専門学校に入学してからでした。別に同級生がみんな化粧してた!っていうわけではないんです。でも学校の場所が街中で、ぼんやりと「ここにすっぴんでくるのつらくね?」って思い出して。高校は家から歩きで行けるとこだったんでそんなこと思わなかったんですけど、さすがに大都会だからまずいなあと思ったんです。

 そこで姉にはじめて自分でできるフルメイクのやり方を聞きました。でも化粧どころか水洗顔だった女が毎日フルメイクをするのは本当に、本当に、ほんと~~~に大変でした。今よりベース高いの使っていたんで(なぜか今より量が半分で値段が倍のルースパウダー使ってた)お金もしんどいし、ただでさえ学校が遠くなって寝る時間減ってるのに化粧のために早起きしなきゃいけないし、だから手を抜くことを覚えてきました。だんだんと化粧がいやになって、最初はフルメイクだったのにアイシャドーを塗るのをやめ、BBクリームにマスカラだけになって、すっぴんで行くことも増えました。とにかく生まれつきのクマだけ隠せればいいやってコンシーラーだけ塗ったりして。それでもなんとも思いませんでした。自分もよかったし、周りから何か言われることもありませんでした。

 社会人になって私は事務職で、事務所唯一の女性となりました。会社の顔ともいえるから綺麗にしてね、上司に最初にそう言われて私は毎日フルメイク生活に変わりました。寝る時間を減らして化粧するのは嫌だったけど、社会人だし会社のためだしと毎日10分のフルメイク。それはもう化粧ではなくて「作業」のようで、まったく楽しくはありませんでした。

 でもそんな私が化粧に対しての考え方を変えるきっかけがありました。人とか言葉とかではなくそれは『服」でした。私は全然おしゃれではありません。ただ、ときめいた服しか着たくないというポリシーだけはあります。専門学校のときときめいたのはあまり評判はよくないあのブランドaxesでした。でもフリフリのその服はどこで見る服より可愛く見えて、当時もその服を着るときだけはすっぴんではいけないと思って欠かさずフルメイクをしていました。社会人になるとフリフリ趣味はなくなったのですが代わりに私の胸をときめかしたのはscolarやrevetandsurgeなどちょっと変わった服や柄が多い服でした。大きな柄やキャラクターが書いてある服は、着るだけで普段は地味な事務服で仕事している私のテンションをあげてくれました。楽しそうな服を着ると私も楽しくなってくるんです。まあそえrは社会人になってからお金に余裕がでて自分の好きな服が着れるようになったからできることでした。でも鏡で見るとそういった服はすっぴんでは似合わないんです。顔が派手な服に負けるんですよね。だからその服と顔の差を埋めたくて、この好きな服が似合うようになりたくて、化粧と向き合うことにしました。

 すると向き合うとだんだんと楽しくなってきたんです。ファンデーションは私の肌をもっときれいに見せてくれるし、アイシャドウやアイラインはそれだけで目を大きくはっきりと見せてくれる。チークは死んだくらい白い私の顔を明るくしてくれる。それは好きな服を着るのと同じようにテンションをあげてくれる。イラストでいろんな塗り方を試行錯誤するのとも似ている。そんなことに気づきました。普段の化粧が楽しくなると仕事用の化粧も少し丁寧になっていきました。毎日毎日研究で、より綺麗に見せるためにはどうすればいいんだろう、そう考えるようになりました。いつの間にか私にとって化粧は「作業」から「趣味」に変わっていきました。 

 今私は仕事の時は20分かけて化粧をします。前より長くなったけど、化粧をした顔は好きな服を着たようにテンションがあげてくれるので昔のように「面倒くさい」や「やめたい」「寝てたい」と思わなくなりました。

 休みの日もよっぽどのことがなければ私はフルメイクをします。別にすっぴんで外に出れないよぉというわけではないんです。普段は仕事のときはこの色と決めているので、アイシャドウもチークもリップも好きなようにできるのが楽しくて、少しの買い物でもしたくなるんです。今日はオレンジにしようかな、目元に赤をいれてみようかな、口紅を塗ろうかなティントがいいかなそんなことを考えるのが楽しいんです。きっとそれは私しか気づかない違いです。でもこれは服のコーディネートの一部で、メイクと服ががっちり合った日はいい気分で過ごせるんです。

 あんなに嫌いだった化粧が、私は今はとても楽しいです。

 

 

 最近ツイッターでは化粧のことが話題になっていますよね。それを見て私は「不毛だなあ」と思ってしまいます。

 化粧は誰の為でもなく自分のためにするものです。自分が必要だと思ったときにすればそれでいいんです。だから「何歳以上になったら化粧をすべき」や「女は化粧をしろ」と頭ごなしに言うのは違う。きっと18歳の私が周りにそう言われていたら「私化粧してなくてもひとより肌綺麗だし不潔に見えないからいいじゃん」と言い張っていたと思います。TPOを考え、その場所でしかるべき姿でいれるのであれば、それで問題はないんです。でも冠婚葬祭、面接、仕事によっては職場、そういった場所ではスーツを着るように化粧をすることも頭にいれなくてはいけないです。

 そしてそれを主張したいがために「化粧なんてしなくてもいいんだ!」という意見も私は違うと思います。押し付けられる言い方をされるのが嫌だから押し付けるのは話は収束しないんですよね。私は回りからいろいろ言われたことがあります。

「こんな場所に化粧してくる意味が分からない」

「けばいだけじゃないの?」

「化粧って肌汚くするんだよ」

 こういう意見は端的に言うとむかつきます。今の私のように化粧が「好き」な人にとっては好きなものを頭ごなしに否定されるような気がして気分がよくないんです。例えば「関ジャニ∞なんてはまらなくていいんだ!」「関ジャニにはまる意味がわからない」って言い方をされたらファンはいい気をもたないですよね。それと一緒です。

 まあ反対に化粧しなさい派の人もきつい言い方をなさってたりします。どっちの気持ちも味わった私から見ればお互いそれなりにちゃんとした意見を言ってるのに、言い方ひとつで言葉の殴り合いみたいになっている今の状態は本当に不毛なんですよ。不毛としかいいようがないんですよ。

 

 自分が好きならそれでいいんです。どっちが正しいと決める必要はない。 

 化粧をしてようがしてまいが「これでいいの」と胸を張れればそれでいいんじゃないんですかね?

 

 今の私は化粧が好きです。化粧をしてコンプレックスが一つ消えました。化粧してるとおじさん世代が少しやさしくしてくれます。私の好きな服が似合います。何よりいろんな色で自分を彩るのが好きです。私は化粧を好きになれてよかったとおもえてます。だから化粧をしなくてもいいって考えもわかるんですけど今の「化粧なんてしなくていい!」という言い方がちょっともやっとしています。

 お互いやさしくできたらいいなあと思ってこんなブログを書いてみました。ジャニーズ関係なくてごめんなさい。

 

 

 最後に、私にも化粧をしない友達がいます。私は彼女と出かけるときに別段何も思いませんし、「したら?」と言ったことはありません。でもこの前彼女は私に「化粧したいから化粧品選びに付き合って。それでやり方教えて」とLINEをくれました。私はできたらお化粧を好きになってもらいたいんです。

 なんでちょっと暗めでプチプラのいいファンデーションを教えてください。私顔が真っ白何でわからないんですよね!

よろしくお願いします~!