こんなことになるはずじゃなかった

アニオタがジャニオタになりました。

人がジャニオタに転がり落ちるところを見た

お久しぶりです。

自担の映画?見たよ。一人で2回。

リサイタル?なんとか入れますよ。

罪と夏?PVからメイキングから曲から最高すぎてやばいですね。

さて、タイトルから何が起きたんだと思われるでしょうが、簡潔に説明します。

姉と母がジャニオタになりました。しかもパーナ。

まさかジャニオタのはてブでよくある「身内のことをジャニオタにしたシリーズ」を自分が書く日がくるとは思ってもみませんでした。

とにかく聞いてください。この2か月にあったこと。

 

事の発端は今年の初め、NEWSのFCに入会を決めたとこまでさかのぼる。

私は悩んでいた。NEWSのツアーが決まった!FCに入ろう!と決め、行く会場を比較的友達も多いし行きやすい東京ドームと地元宮城のセキスイハイムスーパーアリーナに絞るまではよかった。じゃあ何で悩んでいたのか、私には地元宮城で一緒に騒いでくれる友達がいないことだ。いやぼっち参戦すれば?と言われそうだが、私は数年前宮野さんのライブに一人で参加し、一人で5時間物販を並び、一人でライブを見て、一人で帰った結果、東京まで行ったのにその日一日でしゃべった言葉はライブ中のキャー!ワー!とコール&レスポンスのみ、という思い出しただけでも孤独死しそうな体験をした。正直あれを思い出すとぼっち参戦というのはしたくない。そこで私が目をつけたのが母と姉だった。二人ともジャニーズは茶の間で見る程度。関ジャニ∞の見ながらDVDを私が踊り狂っていてもはいはいまたやってるよ~~くらいのノリでスルーし、一緒に流し見くらいはする感じ。だが二人ともとにかく楽しいことが好きなのは知っていた。そのノリでTMRのライブも行った。それなら頼めば一緒に来るくらいはしてるのではないだろうか…そしてジャニーズの真の楽しさを知ってもらえるのではないか…そしてゆくゆくは関ジャニ∞の素晴らしさに気づきファンクラブに入ってくれるのではないか…。と考え、私は二人を誘った。二人は予想通り「行く人いないの?宮城?ならついて行ってあげるよ」と二つ返事でOKしてくれた。

そうこの私の下心があんなことになるとは知らずに……。

そして迎えた運命の日ーー5月14日。

結局隣県に住んでる嵐担の友人も一緒に行くことになり、4連うちわをはりきって作るうえで、私が小山さん、母がイッテQの影響から手越さん、そして姉が「あ~余ってるのでいいよ」と言うことでシゲアキさんということになった。シゲの扱いが雑と思われるでしょうが安心してください予告するとこの女、シゲアキさんに落ちます。意外と色文化には理解があったようで二人は当日までにしっかり母はピンクの法被、姉は緑の服を用意していた。余談だが母はNEWSに娘と行く、しかも娘がうちわを作ってくれる、というのがうれしかったようでそれを会社の人に楽しそうに話していたのがかわいかった。

会場には夕方に着くと物販はまだ列ができていた。母はグッズはいらないし、姉はペンライトと手越さんのうちわ(飾るなら手越がいいとのこと)だけほしいというので、私と友人で30分ほど並んでグッズを買った。早く買えた~と思ったのに待たせすぎと怒られた。そして大変のんびりとした気持ちで入場したのだが、席についてみるとその席はとんでもなかった。私があてたのはアリーナのAブロックだったのだ。ただでさえそんな広くないセキスイハイムスーパーアリーナのアリーナ、通路からも近くセンターステージもメインステージも肉眼で見える。はっきり言って神席だった。思ったよりも良すぎている席に吐きそうになる私、テンパる嵐担、関係ないことを普通にしゃべってる母と姉。二人は知らなかったのだ……ジャニオタにとってこの席がどれだけとんでもないことかを…。

照明が暗くなりOP映像が始まり、そして通路から登場したNEWSの4人。実際登場してみるとあまりの近さに震えた。しかも一番近い通路から登場したのは小山さん。私の脳裏には「貴公子!!!」という文字が浮かんだ。あのマント最高にずるい…。そして視界の端では母と姉がーー発狂していた。端的に言い過ぎた。あまりの近さ、あまりの彼らのきれいさ、歌のうまさ、会場の盛り上がり、それらすべての初体験が彼女たちを襲っていたのだ、私生まれてから二十数年一緒にいるのだがあんなに興奮してるとこを見たのは東日本大震災で電気がついた瞬間以来だった。

私から見ても初NEWSは完璧だった。どこまでもアイドルでアーティストでイケメンでかわいくてかっこよくて色気がある。

スタイル完璧でキャスターという職業をしてるとは思えない色気の小山さん。

想像以上に顔面が整っていてお手ふりも細やかなシゲアキさん。

常にファンに笑いかけていて、会場中に美声を轟かす手越さん。

もうとにかくにこにこキラキラ一挙一動がかわいい増田さん。

そこに考え込まれたセトリ、演出、もうアイドルって素晴らしいとしかいないコンサート。関ジャニ∞とはまた違う、キラキラしたアイドルを詰め込んだそのコンサートに大興奮だった。

そしてそれは私以外もだったのだ。

コンサートが終わり、車に戻るとこれから外食して帰ろうという話だったのに母は第一声に「帰ろう」といった。いやおなか減ってるしと言うと母はいや帰る、と。「私は早くNEWSのDVDが見たい」と。

それから車内で母は呪文のように唱えていた・

「みんな顔がきれいだった」

「みんな歌がうまかった」

「まっすーがかわいい」

「まっすーの顔がすごくきれい」

驚くことに 母はずっと増田さんのことを『鈴木カルロス三郎太』*1と呼んでいたはずなのにライブが終わったらまっすー呼びになっていた。その上手越さんはどこへやらひたすら増田さんの話しかない。私はそこで人が「落ちる」瞬間を見たのだ。そういえばジャニオタに転がり落ちるブログを読むとNEWSだと増田さんが圧倒的に多いですよね。増田貴久…恐ろしい子

それから一か月で我が家はすっかり変わった。なんと今までは狂ったようにドラマをずっと見ていたのに暇さえあればNEWSのDVDを見ている。私が持っていたのは美恋魂とWhiteだけだったので最初はその2枚を毎日交互に見ていたのだが、途中から幸福魂が増えた。姉が買ってきたのだ。私が見たかったやつ買ってきてくれた~!!と喜んでいたのだがそのあと半額請求された。おかしくね???二人とも今まで私がかけたNEWS代割り勘してないじゃんおかしくね???

そして反応もかわった。私は今回東京ドームも参戦したのだがその話を前したときは「同じライブ2回いくなんてありえない」と言われた。が、終わってからは「また行くのいいな~♡お母さんも新幹線飛び乗っていこうか?」とか「あたし仕事休めるよ!」とかとにかく2回行くのいいな~うらやましいな(むしろ連れて行け)に変わった。

今我が家では宮城で買った手越さん小山さんと一緒に東京ドームで買ったシゲアキさん増田さん4人仲良く茶の間に並んでいる。NEWSのDVDを置くスペースもできた。もともと安田くん×2、山田君1枚飾ってたのでジャニオタハウスだ。

音楽番組も「そんなん録画してるならアメトーーク見ようよ~」と言われていたのに隣に一緒で見るようになった。それでいろんなジャニーズを見るようになった結果姉は一人もいえなかったジャニーズWESTを全員言えるようになった。おまけに岡本圭人くんのお顔をすごく気に入って、一緒にジャニショ(東京に行って初めて連れてけと言われた)に言った際はお写真も買っていた。

しかも、このNEWS沼に転がっていったのは我が家だけではなかった。一緒に行った嵐担も見事に入会を果たした。

おかげで当初の目的に「エイトの名義を増やそう計画!」は1ミリもかなわず終わってしまったが周りにはパーナが3人増えた。さらに姉がなんでもない友達にNEWSを布教した結果もう一人増えそうなくらいだ。

まあ、コスプレしか趣味がない姉と無趣味だった母がNEWSに触れて人生を楽しんでいる様子を見ると、生きがいが増えてキラキラしているしよかったなあとは思う。

 

 

…………でも、私はエイターを増やすのはあきらめないぞ!

 

 

 

 

 

 

*1:テレビドラマ『ダンドリ。~Dance☆Drill~』にて増田さんが演じた役名