読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなことになるはずじゃなかった

アニオタがジャニオタになりました。

関ジャニ∞の元気が出るLIVEに参戦した~ジャニオタ的初遠征の記録~

コンサート 関ジャニ∞

 

f:id:zawawa755:20151221092044j:plain

12月17日、私は東京ドームにいた。

正直まだジャニオタになっていなかった去年の今頃は関ジャニ∞のファンクラブに入ることも、チケット戦争に吐きそうになりながらもドキドキすることも、ツアーのためにせっせとうちわを作ることも、そもそもジャニーズ追っかけて遠征することも考えてはいなかった。でも私は確かにここにきていた。

ということで『関ジャニ∞の元気の出るLIVE!!』東京公演17日18日に参戦してきました~~~~!!!!!!!!!!!!!

(喜びの150%)

17日のチケットがとれた話はしたと思うのだがありがたくも18日も譲っていただけることになり2日間参戦することができたのだ。関ジャニのライブに参戦するのは夏のリサイタルに行けたので初めてではなかったのだが、それを踏まえて今回完全に思い知らされた。リサイタルは地方公演で言ってしまえば『関ジャニ∞お試し版』みたいなもので、彼らの本領はツアーなのだと。リサイタルは見どころを凝縮しすぎて嵐のように時間が終わってしまったけれど、本来のツアーの彼らはガラス玉のように時と状況で色を変え、どこまでも濃密で、じわじわとこちらを熱くしてくれるのだということがよくわかった。

 

とうことでここからはそんな私の遠征記録となる。ネタバレももちろんあるので苦手な方は回れ右をしてほしい。

 

○17日

2日間とも師匠と二人で参戦したのだがこの日はそれに加えて仲のいいフォロワーさんと合流して物販に向かった。朝10時(物販開始時刻)に待ち合わせしたのだがこれがびっくりするほどすいすい買えた。そのあと確認したら3か所くらいで物販をやっていたようでさすがジャニーズ…!と未知の領域にきたことを実感した。ちなみにポスターは持ち帰りが大変だからポスターは買わないぞと心に決めていたのだが上目遣いの安田さんの射抜くような視線と、目線外して照れ気味の横山さんのあまりの美しさに心が揺らぐ。でも明日もあるし!と心を鬼にして物販を離れた。そのあとは普段お世話になっているフォロワーさんにひたすら挨拶。私は自前のお絵かきうちわを持っていたのだけれどそれが他のフォロワーさんのと集まるとえらくかわいかったのが嬉しかった。ゆるゆるとたくさんの人とお話しできたのだがツイッターとご本人の印象が同じ人もいれば変わる人もいるのはやはり面白い。っていうかオタクってなんで面白い人しかいないんだろう。

実際席に着いたのは開演30分前くらい。席が正直チケット見ても想像ができていなかったのだが(ゲートってなんぞや状態)実際座ってみると1階スタンドメインステージほぼ正面でバックステージがめちゃくちゃ近くて師匠と二人で震えた。自分のないと思っていたチケ運に感謝をした。

そして公演がはじまったのだがまず注意事項アナウンスが面白かった。私は初ツアーだからわからないのだが毎回ああなのだろうか。DVDにここまで収録してくれると嬉しいのだが、アメコミ風にネタを織り交ぜながら注意事項をしてくれていた。そのイラストが安田君だけ似ていないのが妙にじわじわきた。

そのあとユニットごとにわかれて東京ドームに集まるメンバーのOP映像が流れる。大山田が後楽園駅からきていたので師匠が大倉担だったのもあり次の日は後楽園駅からこようと決意をした。しかし自分たちが歩いてきたところを彼らが歩いている姿が見れるなんてなんて贅沢なOP映像だろう。そのあと舞台裏で円陣を組んでる映像となり、舞台に関ジャニ∞が現れた。どうでもいいけど師匠はこの時点で泣いていた。熱量の違いを思い知った。

でまあ始まったライブは最高。もう最初の曲があ?!これくる!?って感じだしなんかもうわちゃわちゃしてるし君たちこの曲やんのって感じでそのあとのあれがこれでそれだった。わたしがこまかいレポが下手なだけでかなり簡略しているがそいう感じだった。見るしか伝わるすべがない最高のライブだったのだ……本当見てほしい。終わった後またこのライブ行きたい!と思い、次の日のチケットもあることにこんなに感謝したことはなかった。うちわをもって双眼鏡も構えていたのだが大好きな安田君が上からばーんと撃つときちょうど目があった(気がしている)のでファンサももらえた(気がしている)。とりあえず最高。もう最高。関ジャニ∞は最強で最高だった。でもすごい時間を過ごしすぎて終わってファミレスで師匠とセトリの確認をしたら一曲目から二人して覚えていなくてめちゃくちゃわらった。ホテルに戻ったあとはパンフの師匠は大倉君のページを、私は安田君のページを見ながら会話をしていたのだがよく違うページで話成り立ってたなあと今更ながら感心している。

 

そして18日は朝から動いていた。

まず7月ぶりのジャニショ。当たり前だがツアー期間だからくっそこんでいた。カバンが壊れるかもしれないと思いながらも混雑に突っ込みとにかく安田君の写真の番号をひたすらメモをして家族へのお土産もさっさと選んでなるべく早くをテーマに出たけどそれでも1時間はかかってしまった。ざっと40枚くらい買って買いすぎたかな~と思ったらあらかじめ今回はおさえたよ~とラインだけはきてた師匠は100枚買っていた。さすが。そのあと池袋によって宮城では買えないような服を買いつつ、高田馬場の喫茶店ロマンにむかった。さて、このロマンと言えばそう安田君の映画「ばしゃ馬さんとビックマウス」のロケ地。予約していたのでもちろんあの席に座れた。

f:id:zawawa755:20151226171219j:plain

f:id:zawawa755:20151226171230j:plain

ここ。

これ映画だと最初向かい側に安田君が座っていたので私もそちらに座らせてもらって映画で彼が飲んでいたオレンジジュースを飲むことができた。その際師匠からは「ごめん私麻生さんじゃなくて」と謝罪をされたらそんなこと言ったら私は安田君ではないのだからいいだろう。しかしこのお店本当よかった。雰囲気?空気?がとても暖かくて、私たち以外もエイタ―さんはもちろんいたので「すいませんけどお食事終わったらあの人たちに席で写真だけでも撮らせていただくことは可能ですか?」と懇切丁寧に確認もとりにきた。席には切り抜きやジャニ誌もあったし、切り抜きなんて最近のまで綺麗にファイリングしてあった。それらを見ながらすごい安田君って愛されてるなあとど新規ながら感動してしまった。あまりに雰囲気が良かったので安田君関係なくてもまたきたくなるなあと思った。とてもすてきでした。

そのあとは東京ドームに後楽園駅から向かい、またご挨拶をしつつ18日公演にも参加した。

やっぱりエイトは最高だったし師匠は序盤で号泣していた。こんな直近で多ステすることなんて今までなかったので楽しめるかなあと実は思っていたのだ一週間たった今でも楽しかった!と大声で言えるくらい楽しかった。17日のエイトも18日のエイトも別物のようで、でもどちらも本当かっこよくて素敵でたまらなかった。公演終了後はこれで終わりだと思ったら悔いなんて残せなくて終わって速攻安田君と全員のポスターと横山さんのフォトセットを買い足した。

まあそんな感じで私の初ツアー参戦は終了した。2日間とても充実した時間で社会人の特権の有休を振りかざして本当によかった。

ありがとう関ジャニ∞

ありがとう東京ドーム。

 来年こそ札幌ドームとか京セラドームにもお世話になるぞ。

とりあえずもう参戦予定のないオタクから言えることはたったひとつ。

 

早く円盤化してくれ

f:id:zawawa755:20151221092047j:plain